イメージシートの作成はプロにお任せ|注意点を事前にチェック

水による災害から守る

土嚢袋

扱いやすさが魅力

突然の豪雨で、水害の被害を受ける地域が増えています。家屋が浸水するのを防ぐには、土のうを用意しておくのが有効です。水をせき止める役割を持っており、積み重ねれば水かさが増えても安心です。ただし土のうは土を入れて作る必要があり、何かと手間がかかります。より手軽に扱える吸水土のうを準備しておくと良いでしょう。水を吸うことで本体が膨らむ吸水土のうは、普段はコンパクトなサイズなので保管しやすいという特徴があります。通常の土のうを保管するにはかなりのスペースが必要になるのに対して、吸水土のうなら非常に薄く重さも20分の1程度と軽量です。水害に備えて土のうを準備しておきたいが、保管スペースを節約したいという時に選びたい製品です。再利用しやすいのも吸水土のうの注目すべき点です。水を吸って膨らんだ土のうでも、天日干しにして中の水分を蒸発させればある程度はもとに近い状態へ戻せます。サイズは若干膨らんでいるもののコンパクトさは失われておらず、次の機会に備えることができます。土を必要としないという優れた特徴も吸水土のうにはあります。通常の土のうは、中に詰めるための土が必要になります。大量の土を保管しておくのは家庭では困難です。いざ水害が起こった時に土を詰めようとしても、水分を吸ってかなり重く扱いづらくなっています。吸水土のうは中に特殊な素材が入っており、土を詰めなくても充分に膨らんでくれます。袋は密閉されているので、詰めた後に確実に結ぶといった重労働を必要としないのも利点です。