イメージシートの作成はプロにお任せ|注意点を事前にチェック

作業員

水を吸って膨らむ土のう

吸水土のうは土や砂を使わず、水だけで使える新しいタイプの土のうです。水の入ったバケツや水槽に浸すと数分で使用でき、中身がジェル状になるので設置場所に合わせて密着して、高い止水性を発揮します。使用後は天日干しするか、処理剤で脱水する事で手軽に処理できます。

作業現場

現場で自社のアピール

建築現場で目にすることが多い養生シートは、広く空間を覆うので広告に利用すれば次の施主の目にとまるかもしれません。従来の養生シートでは広告には向きませんが、専門の業者にイメージシートを依頼すれば自社のアピールをすることができます。

土嚢袋

水による災害から守る

水害による被害を防ぐのに便利なのが吸水土のうです。通常の製品と違って土を詰める必要がなく、災害時でも使いやすいのが特徴です。水を吸わせる前の状態ならサイズはコンパクトで重さも軽く、収納性にも優れています。

建設現場

現場でもアピールする

建築現場で欠かせないのが足場で、足場にはシートを掛けるのが一般的になっています。この現場シートはそのままでは味気ないものですが、イメージシートを付けることによって現場を明るくすることができ、また宣伝広告も行えるメリットがあります。

土のう袋

緊急時の土のう

土のうは緊急時に使われるもので袋に土砂を入れたものです。土留めや水の侵入を防ぐために使われますが、従来の方法では土砂を保管しておく必要がありすぐに用意するのが難しいものです。この従来の土のうの問題を改善したものが吸水土のうで、吸水性ポリマーを使って水を吸わせることで数分で土のうにすることができます。

注意しておくべきポイント

建設現場

サービスを利用するなら

イメージシートは、建築現場の宣伝ツールとして多くの業者に重宝されています。実際に。イメージシートを作成するということであれば注意するべきポイントがあります。こうしたイメージシートは、奇抜なデザインで作成すると近隣住民から苦情が出ることもあります。そのため作成するということであれば、建築現場に相応しいデザインで作成してもらうことも大事です。イメージシートをオリジナルで作成するということであれば、データを決められた形できちんと入稿するということも重要です。サービスによっては、フォントのアウトライン化や画像のみ実寸大にすることが必要としているイメージシート作成サービスなどもあります。細かいルールをきちんと確認しておかないと、スムーズに作成することが出来ないという事態になります。イメージシートは多くの現場で利用されているということから、とても大きな魅力があります。出力時のトラブル原因となることがあることから、孤立点の削除などを求めているサービスなどもあります。データを入稿するということであれぱ細かい部分をチェックしておくことが大事です。イメージシートを作成してくれるサービスは、たくさんあります。実際に利用するということであれば、簡単にオリジナルのシートを作成することが出来るところを選択することも大切なポイントです。保存形式にも細かい設定をしているサービスなどもあるということから、事前にある程度の加工をする必要性があるものも多いです。